ちよろぐ!

ゲーム中心に好きなものを書き散らかしたい。

しまなみロマンスポルノのライブビューイングに行きました。

10月20日(土)に、全国の映画館で"しまなみロマンスポルノ2018"のライブビューイングが放映されました!そしてもちろん行ってきました!!

"ロマンスポルノ"はポルノグラフィティのワンマン野外ライブの名称です(いかがわしくはないです)。

今年は9月8日・9日にポルノグラフィティの故郷である広島で野外ライブが開催される予定でした。

9月8日は雨の中ライブを決行したものの、残念なことに、悪天候により翌日9月9日にも行われる予定だったライブは中止になりました。その”代わり”の公演が今日(10月20日の)このライブビューイングになります。

ポルノって野外ライブは”基本的に雨”、というくらいものすごい雨バンドなんですよ…。晴れの方が珍しいくらいに。

!セトリ等ネタバレ注意です!

超楽しかったライブビューイング! 

ライブビューイングって大体、その日にやっているライブを中継するものが多いんです。

が、今回のライブビューイングは9月8日に撮影された映像+中継でのスペシャルステージという構成でした。

ライブビューイングって行かれた方はわかると思うんですが、意外とライブと同じくらい盛り上がるんです。

バンドとはスクリーンも時空も隔たってますが、スクリーンの向こうからコールアンドレスポンスを求められたらついつい答えてしまうぐらい、ライブと同じ空気があるんですよね。

また今回については収録済みのライブ映像だけではなく、生中継という形でリアルタイムにつながる瞬間もあり、一体感を強く感じました。

ひたすら楽しかった!手も振りまくったし、声も結構出しました!

明日の筋肉痛の訪れが恐ろしいです。

 

今回のセトリ・生中継で歌ってくれた曲ねたばれ。

基本的に9月8日のセトリに沿って、途中途中収録済み映像と生中継が行きかう演出でした。

太字が今回生中継で歌った曲です(注意:記憶違いがあるかもしれません)

  1. キング&クイーン
  2. ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜
  3. 瞬く星の下で
  4. アニマロッサ
  5. ギフト
  6. Winding Road
  7. ROLL
  8. 愛が呼ぶほうへ(因島高校の学生と共演)
  9. Aokage
  10. 邪険にしないで
  11. Mugen
  12. サボテン
  13. アポロ
  14. ブレス
  15. Century Lovers
  16. ミュージック・アワー
  17. そらいろ
  18. ハネウマライダー
  19. アゲハ蝶
  20. ジレンマ

 

生中継は広島県尾道市にある”因島市民会館”からでした。がっつりポルノの地元ですね。

基本は9月8日のライブ映像でしたが、因島のきれいな景色を交えつつ、途中のふるさとに関わる曲、そしてラストスパート・アンコールの曲を生中継で歌ってくださいました!

9月9日には因島高校生徒と”愛が呼ぶ方へ”でのコラボレーションを企画されていたらしく、そのリベンジがこのライブビューイングで叶ったそうです。

なんというか、ふるさと愛のあふれるポルノグラフィティのお二人でした。

9曲目の”Aokage”はまさに因島の風景を歌に描いた曲であり、10曲目の”邪件にしないで”はお二人の方言を用いて作詞された曲です。この2曲は因島の日常を背景にして野外で歌っていました。ポルノの二人のふるさとの愛を感じると同時に、なぜか自分の故郷のことをふっと思い出させてくれましたね。

うちの地元もきれいで魅力があるところなんだ!と対抗して自慢したくなるくらいです。自慢されたら自慢し返したくなりませんか?

 

ポルノさんがかわいい。

ポルノさんがかわいかった。

8日の映像でも歌詞間違いは当然として、今日も歌詞はともかく、セットリストの順番を間違えて紹介しようとしてしまうとことか。

ライブビューイングだから執拗にカメラ目線を意識しよう、とか。(TVでもカメラ目線を狙うなんてめったにない)

最後3曲は9月8日と全く(?)同じ構成だったので、バックで流される8日の自分と張り合っているのか、後ろのスクリーンを見てはキメ顔をカメラに向けてみたり、慌ててキメてみたりととってもかわいくて面白かったです。

 

アリーナツアーが楽しみ。

ロマポル2日目中止されて悲しんでいたところ、その6日後くらいにアリーナツアーが発表されたんですよね。

FC先行第一弾は終わり、私が行く公演も決まりました!

私は年末のカウントダウンライブと1月開催予定の福井サンドームでのライブに参戦予定です。

ポルノのパワーは衰え知らず、ということは3月のツアーファイナルでも実感しているのですが、今回のライブビューイングを受けてなおさら楽しみになりました。

ロマポル後の新曲”Zombies are standing out”もパワフルな楽曲でしたし、次回のツアーで生で聴けることを本当に楽しみにしています!

 

背中を支えてくれる曲、バンド。

しまなみロマンスポルノは”Deep Breath”の副題がついています。

その時のポルノの新曲”ブレス”からでしょう。

ブレス”は今までのような背中を押してくれる楽曲というより、自分自身あるがままを認めてくれるような楽曲です。

「ブレスのできない曲は誰も歌えやしない」という歌詞があります。ポルノグラフィティを代表する曲は、割とテンポが速く早口で、ブレスができない…とは言いませんが難しい曲であることが多いですよね。

ポルノの曲はまっすぐでポジティブで、少しネガティブな自分には眩しすぎて息ができずつらい時もありました。でも、このブレスという曲は度々立ち止まってしまう自分も含めて抱擁してくれるようで、より一層ポルノグラフィティが好きになりました。

ポルノグラフィティは、勇気を奮い立たせてくれる曲から深呼吸を促してくれる曲まで、幅広く感情を揺さぶる素晴らしいアーティストだと思っています。

ポルノをあまり聞かない人も、今はSpotify等の音楽配信サービスで全曲聴けるのでぜひ聞いてみてください!

TopAboutPrivacy PolicyContact
©2018 ちよろぐ!